ニールのビスケット

biscuit

I think Neil can be called the King of Biscuits.

—Martha Stewart

ニールはビスケットの王様と呼ぶにふさわしい。

—マーサ・スチュアート

ニールがブルックリンにルーツを持つおかげで、シープシェッドベイの「Lundy’s」を経て、 ニューヨークで最高のビスケットを生み出したのは有名な話です。

「Lundy’s」は最高峰の評価を得ていたシーフードディナーと供に、 サクサクのバターミルクビスケット目当てに長い行列が出来ることで大変有名なレストランでした。 16年の休業の末、1995年に「Lundy’s」が再開した時、ニールはエグゼクティブシェフとしてそこにいました。 彼の最初の役割は何だったと思いますか? その有名なビスケットを再現することでした。 書き残されたレシピはありませんでしたが、苦労の末、ニールは記憶を元にそのビスケットをついに再現しました。 それは、オリジナルを越えると言う人もいるという程、完成度の高いものでした。

そのビスケットは、サクサクとした食感に、柔らかく口溶けがいいのが特徴で、 今日「クリントン ストリート ビスケット」として、ご提供させて頂いています。 ビスケットはラズベリージャムと甘くクリーミーなバターと一緒に。 または、スクランブルエッグ、チェダーチーズ、自家製のトマトジャムと一緒にサンドイッチにしてもオススメです。